先を見る

そびえ立つマンション

上場不動産投資信託の上場が不動産市場の活況を受けて相次いでいます。最近では病院や有料老人介護施設などのヘルスケア施設に投資をする銘柄の上場が続きました。ヘルスケア施設は一度開業すると比較的長い期間賃貸をするケースが多いので、収入が安定することが期待されています。このような意味では、商業施設に特化した銘柄に近いと言えます。但し、賃料が固定されるがゆえに、家賃の上昇及び分配金の増配がなかなか実現できないという点には注意が必要です。そのため、インフレーションの局面よりもデフレーションの局面に保有したい銘柄ということができます。インフレーション時には全く持たないというよりも保有口数を少なめにするという意識で投資を進めていくとよいです。

上場不動産投資信託は投資口価格が100万円以下であるものが多いです。そのため資産運用の初心者でも比較的手掛けやすく、少しずつ購入していくことも可能です。もっと少額で投資をしたいと考えているのであれば、上場不動産投資信託を対象とした株式投資信託を購入したり、ETFに投資をするとよいです。1万円単位で購入することができ、そこそこの分配金を得ることができます。株式投資信託であれば積立型のものを選んでおくことで毎月強制的に購入されるため、買うタイミングを計る必要もありません。株式投資信託やETFから投資を始めて、慣れてきたら個別銘柄にチャレンジしてみるのも1つの投資手段です。安定した収入を望む人にとって上場不動産投資信託は有力な投資候補と言えます。

眺めの良いマンション